色の置き換え

今日、とある地元の私鉄に乗っていて、
座席のシートのテントウムシのような水玉模様を
なんとなく見ていたら、ふとあることに気づきました。

テントウムシの代表(?)、ナナホシテントウの模様は、
赤と黒の2色の水玉模様ですが、
その座席のシートは、赤と青の2色の水玉模様でした。

だからどうしたという感じですが……(笑)

赤と青の水玉模様は、赤と黒の組み合わせよりも、
新しいような、モダンな印象を感じました。

そこで、カラーイラストなどで、
普段黒にする箇所を、青にしてみたら
どうなんだろうか?
と思い、ラフですが早速実験してみました。

実験イラスト
左右2つはほぼ同じ絵ですが、
左の絵の黒の部分を、右では青に置き換えています。

左のほうは普通の黒ベースですが、
ちょっと野暮ったくありませんか?
右は、黒を青にしただけですが、
野暮ったい感じがかなり無くなっているように
感じませんか?

色って不思議なもので、
他は何も変えてないのに、
黒を青に置き換えるだけで、
こんなに印象が違ってしまうものなのですね。

今回は「黒→青」でしたが、
「黒→赤」など他の色で試してみるのも、
また印象が違ってきそうで、面白そうです。

私もわりと絵柄が古くなりがちなのですが、
もしあなたのイラストが「ちょっと野暮ったいんだよな…」という時には、
この方法を試してみたら簡単に印象を変えられるかもしれません。


少しでも参考になれれば幸いです。

それではまた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.10

    透明水彩

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。