『痛み』イラストメイキング

こんにちは^^
今日は先日描いた『痛み』というお題イラストのメイキングを載せてみます。
覚え書きとしてプチメイキング的な感じで……。
せっかく持っているPainterXが宝の持ち腐れにならないように、
ちょっとずつでも使い慣れていけたらいいなあ。
参考になるか分からないですが、何か役に立てたら嬉しいです。


①百均の落書き帳に鉛筆で描いて丸ペンでペン入れをしたものを、
スキャナーでパソコンに取り込み、フォトショップのレベル補正で綺麗にしたところです。
痛み01
②PainterXにて、線画で間違えてたりで重ね描きしている余計な線などを消して、
用紙テクスチャを荒目チャコールペーパー(確か…)に設定し、
乗算レイヤーを上に一枚作り、チョークブラシの角チョークで適当に塗り潰しました。
痛み02
③先ほどの乗算レイヤーに、同じく角チョークで
肌や水着や髪の毛のベースカラーを手塗りでべた塗り。
痛み03
④同じレイヤーに同じく角チョークで、
影とか赤みとかを書き足しました。
痛み04
⑤はみ出した部分を、同レイヤー上・角チョークで
多少汚くなっても上から塗り潰すようにして目立たなくして、
最後に良い具合の構図になるようにカットして完成です。
痛み05

今回の絵は角チョークブラシのみを使って塗ってみました。
ペインターはデジタルだけどアナログっぽい絵になるところがとても楽しいです。
ブラシの数とか機能がありすぎて全然使いこなせないけど…^^;
でも可能性があって夢が広がりますね。

それでは、また!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。