2つの文章の書き方テクニック

私は昔から文章が好きで、たまにごくごく短い小説などを書いていたのですが、
全てを感覚と勢いのみで書いていたので、
物凄く気合いと集中力が必要だったり、長い文章が全く書けなかったり、
構成がさっぱりだったり、そのせいで途中で挫折する、という事が多かったのです・・・。

でも最近すごく役に立つ本を見つけて、
それから文章を書く時は、その本を傍らに置いて参考にしながら書いています。

そのおかげで、こうやってこのブログの文章も
ある程度分かりやすく、長くも書けるようになったし、
だいぶ落ち着いて文章を綴れるようになっています。
文章初心者の私でも、かなり分かりやすくて、すぐに実践できるのが本当に有り難いです。


その本の中で、私が特に参考になっている
文章を書くテクニックを、2つほど紹介してみます。


=========================
①5W1Hを意識して書く
=========================

読み手に何かを伝えるには、ある程度まとまったボリュームのある文章が必要です。
でも、文章を数行書いただけで立ち止まってしまう、
「文章初心者」のための基本のテクニック。
それがこの ”5W1H” を意識して書く、というものです。

”5W1H” とは、

「いつ(When)」
「どこで(Where)」
「誰が(Who)」
「何を(What)」
「なぜ(Why)」
「どのように/どうした(How)」

と、これを略して”5W1H” と呼んでいます。


例えば、「猫を見た」ということを人に伝えようとするとします。
その時、まずこういう文を書きますよね。


「猫を見た」


ごくごく短い簡単な文章です。
ですが、これでは相手に詳細が全く伝わりません。

これに、”5W1H” を加えると、一気にこんな文章に膨らみます。


「きのう、飲み屋街の路地で1匹の猫に目を奪われた。
その猫は青みがかった淡いグレーの毛に覆われ、目がエメラルドグリーンだった。
ビールの空き箱の上に前足をそろえて座っている姿は、
その界隈の雑然とした雰囲気とはかけ離れていて高貴な雰囲気を漂わせていた。」


どうでしょうか。
まるでその人が見たその時の情景が目に浮かぶくらいに、
描き手の情報を受け取れるようになったと思います。

こんなふうにして、この”5W1H”を意識して書くと、
何でもないようなごく短い単文が、
イメージ豊かに膨らんでいくのですね。



=========================
②起承転結に当てはめて書く
=========================


長い文章は、感覚だけで書こうとすると、
前述したように、物凄く気合いと集中力が必要なため
途中で挫折してしまうという事態になりがちです。

でも、そうは言っても小難しいことはとてもできない・・・、
という私にすごく役に立ったのが、これでした。

なんとなく「起承転結」を作っておいて、
それに従って、先ほど紹介した①のテクニックを使い
内容を分かりやすく膨らませながら書くという方法は、
文章初心者の自分にとっては、簡単だしすぐ実践できて効果的でした。

今、まさにこの記事の文章でもそれを実践して書いているのですが、
この記事を書く前に作って今見ながら書いている、
ごく簡単な起承転結文を載せてみます。

———————-
起:私は昔から文章が好きでたまに短い小説などを書いていたのですが、全てを感覚のみで書いていたので、長い文章が書けなかったり、途中で挫折したり、構成とかがさっぱりでした。

承:きっかけはブログの文章を分かりやすく伝わるように書く事だったのですが、詳しい人が幾つか文章スキル向上の為の本を紹介していたのですが、その中にこの本がありました。

転:それから文章を書く時はいつもこの本を参考にしながら書いている。この本の特に参考になっている2つをを紹介。5W1H、起承転結

結:文章が書けると、世界が広がりますね。頭の中の想像の世界も、文章によって伝える事ができるから、私は文章というものは素晴らしいと思うし大好きだ。
———————–

因みに、「起承転結」の各意味を簡単に書いておきます。

起:物語の始まり
承:始まりの続き
転:逆転が起こる
結:結果

・・・という内容ですが、
私はあまり厳密に考えると頭が混乱してくるので、
なんとなく当てはめればいいや、という気楽さで作っています。



こんな感じで、「起承転結」をあらかじめ作っておくと、
文章全体のある程度の指標になって、とても文章が書きやすいです。
気持ちも、特に気合いを入れなくてもいいので、ゆるく書けて楽ちんです。

ただこれを見せたせいで、「結」に当たるこの記事の最後の締めくくり方も、
ネタバレになってしまいましたが・・・(笑)
予定通り、従って書きます(笑)




以上、この本の中の2つの文章の書き方のテクニックを紹介してみましたが、
この2つを知っただけでも、かなり実践的で取り組みやすいので
これを使えば文章が今までより書けるようになるのではないかなと思います。

伝わりやすい文章が書けると、世界が広がりますよね。
いつも想像を巡らし、自分の頭の中にある情景や想像の世界も、
文章を使う事で伝える事ができるから、
私はだから文章というものが、とても大好きだし素晴らしいと思うのです。



ちなみに今回紹介させて頂いた本はこれでした^^
もし気になったら手に入れてみるのも良いかも知れません。

『しっかり!まとまった!文章を書く』前田 安正 (著)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。