読み手の行く先、目的を設定する。

こんばんは!
また日が過ぎてしまいましたが、今日も行きます!
実は昨日また、気づいたことがありました。
漫画というものは、読む前と読んだ後で、読者さんの心を、
何かしら変えてなければいけないものだと私は思います。
読者さんをどこへ連れて行くのか?
必ず目的を設定する必要があるのではと思いました。
例えば具体的には、今私はカラスの漫画を描いているところなんですが、
カラスは嫌われ者だけど、本当は素晴らしい鳥なのだと、
読者さんに知ってもらいたいです。
もちろん、楽しみながら、というのは欠かせません。
こういう軸みたいなものって、
原稿を目の前にしていると、いつの間にかブレてしまうことが、
本当に大いにあります。
だから、分かりやすく机の目の前に、
目的を紙に書いて貼っておいたらいいかなと思いました。
そうすれば、道に迷わないかもしれない。
私は、たぶんいつも道に迷っているのかもしれないです。
そして中途半端な漫画に仕上がってしまう。
木を見て森を見ず、と言いますが、
本当の目的を忘れないようにすることが、
きっとすごく大事なんじゃないかと思いました。
今回はこのようにして描いていこうかと思います!
何事も試してみないと分からない……!
とにかく試しながら進んで行こうと思います。
それでは、また明日お会いしましょう(^-^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 06.27

    色の置き換え

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

固定ページ