自分の弱点を見つけるヒント

こんばんは^^
先程までイラストの仕事をしていました。
一段落付いたので、一息つきつつ書いてみます。
さて、先日は「目標」について書きましたが、
さらに思ったことがあったので今日はその話題です。
今まで何度か編集部に漫画を持ち込みに行っていますが、
たいていいつも言われることがありました。
「これは、何を一番伝えたくて描いたんですか?」
いつもその時は自分なりに一生懸命思いを答えていたのですが……。
今日ふとそのことをなぜか思い出して、気が付きました。
いつもそれを言われるってことは、自分にはそれがきっと足りなかったのでしょう。
なぜかそんな簡単な結論に、今日の今日まで辿り着きませんでした^^;
そのシーンを思い返してみると、そう質問されて、
私は一言でビシッといつも答えることができなかったです。
いつも何を伝えたいかはあったんですが、おそらく色々なことを伝えたくて、
一つに充分にフォーカスしきれていなかったかもしれません。
無駄に複雑にしてしまって、結局一番伝えたい事も伝わらないという事態に陥っていたんじゃないでしょうか。
その証拠にというか、それを聞かれるといつも、
カッと赤くなるみたいな感じで、ビシッと一言で答えられないのが恥ずかしくて、
プライドみたいな強がりみたいなものが急に出て、自分を守っていた気がします。
今冷静に思うと、ですが。
私はわりと直感が当たるほうなので、多分これは正しいんじゃないかと思います。
それにしても今になって気付くなんて、
なんだか相当自分のプライドが生み出すしこりのようなものが
大きかったんじゃないかとしみじみ思いました。
人に何度も指摘されることって、やはりずばり的を射ているのかもしれないですね。
ずっとどうやったら面白く描けるのか悩んでいましたが、
もしかしたらこれで解決できるかも……?
そんな気がちょっと、というか、正直なところかなりしています。
今描いている漫画がまだ軌道修正できる段階なので、
早速試してみようかと思います。
あと、きっとやっぱり目標は紙に書いて目の前に常に貼ってある状態が良いでしょうね。
こちらもしっかり実践します。
そんなわけで、今日はちょっとした気付きでしたが、
もし同じようなを持っている方の役に立てたら幸いです。
それでは、また明日も頑張っていきましょう!(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.16

    構造分解

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。