考えていること

こんばんは^^
いつもブログを読んで下さりありがとうございます。
やりたい気持ちだけで走り始めたブログでしたが、
最近少しずつ反応を頂けたりして、とてもありがたい限りです。
このブログでやりたいことは、自分の漫画技術などの向上ももちろんですが、
同じ漫画家志望さんに、私が知っている範囲内でですが、
漫画家志望をやっていて無限に出てくる悩みや問題、
それが少しでも悩みが解決できるような、知識やきっかけになれたら・・・というのがあります。

で、実はそう思うきっかけというのがありました。
というのは、私は高校を卒業したあと、漫画の専門学校に入って卒業しているのですが、
漫画の専門学校の難しさを痛感したんですよね。
もしかしたら、今これを読んでいるあなたは、
漫画の専門学校にこれから入るところかもしれません。
その場合は、夢を壊してしまう可能性があるので、この先を読まないほうがいいかもです^^;




専門学校でたくさん漫画家志望の友人ができたり交流をしたり、恩恵は確かにあるのですが、
結論を言ってしまうと、漫画の専門学校を卒業しても、漫画家にはなれません。
学校では、漫画のノウハウを学ぶだけなので、あとは自分の行動次第となります。

で、これが重要なんですが、漫画の専門学校は重大な欠点があります。
どうしても20~30人くらいのクラスで構成されているので、
授業はそのクラス皆に向けての授業になります。
でも専門学校に入ってくる生徒さんたちは、正直レベル差が結構出てしまうんですね。
高校生の頃から積極的に雑誌に投稿していた人もいれば、
1から漫画を学びたいという人もいます。
学校なので、ついてこれない生徒さんがいるのは良くないので、
基礎的なものから授業をするので、既に自分で勉強しながら投稿を何度もしている人だと、
もう知っている情報の授業になったりします。

また、授業が進んでいくと、だんだんレベルを上げていくので、
どうしてもついてこられない人も、結構でてきたり・・・。
学校形式だと個人個人のレベルに合わせられないから、
どうしてもそこが超えられない壁となってしまうんですよね。
なので、実際のところ、自分のレベルにあったペースで本や教材などで勉強しながら、
どんどん投稿していくというスタイルが、一番の近道だと思います。
もちろん投稿は編集さんに見せて編集さんに改善点を教えてもらうのが必須です。
まったくノウハウを習得していない状態なら、学校は合っているかも知れませんが。

最近少し専門学校ではなくて、個人塾のようなものも出てきたみたいですね。
自分は受けてはないですが、専門学校よりもおそらく自分に合った勉強ができるでしょう。
でも個人塾を受けるのはなかなか勇気がいりますね^^;




なので、自分の実績を出していくのは必要なのですが、
この研究ブログのほかに、
もっと直結的なダウンロード教材のようなものを作りたいなあと思っていたり。
私が考えている理想の教材がどうも無いみたいなので・・・・。
もちろん、自分の今のポジションは、投稿~受賞までなので、
そこまでの道のり以内とはなりますが^^ゞ(これから上を目指しながらがんばります!!)
でもかなり本気出した教材を目指そうと思ってます。

どれくらいいるのか統計までは出て無さそうですが、
漫画家を目指して、挫折してしまった人がたくさんたくさんいます。
だけど、挫折してしまった人の想像の中の世界もきっと素晴らしいもので、
頭の中の楽しい世界は本当に十人十色のものなので、
100人いたら、一人いくつも持っていたとして、
少なく見積もって100個以上存在するかと思います。
でも漫画家になるのはものすごく難しいから、それを伝えられずに終わってしまう・・・・。
それがものすごくもったいない。

少しずつだけど、取り組んでいこうと思います。
明日も夢を目指してがんばっていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 01.22

    分野を定める

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。