カテゴリー: イラスト

アナログ線が表現できる『CLIP STUDIO』

アナログ線が表現できる『CLIP STUDIO』

最近よく聞く『CLIP STUDIO』。
少し前に買ってちょこちょこ使っているのですが、かなり面白いです。

CLIP STUDIOとは、漫画やイラストを描くことができるペイントソフトです。
パソコン用のソフトでしたが、iPad用も出たそうで、巷で盛り上がっているソフトです。


CLIP STUDIOで、特に何が面白いかと言うと、
アナログにかなり近い線を表現できる所です。


私は長年絵や漫画を描いていて、
ずっと線画は、漫画用の付けペンにインクを付けて描いていました。
紙のざらざら感、付けペンとインクのランダム性・・・。
特に丸ペンがお気に入りで使っていて、それが表現する線が大好きなのです。
そういう気持ちがあって、線にはかなりのこだわりがありました。

なので、何年か前に作業の大半をデジタル化したものの、
デジタルでの理想の線の表現が不可能だったため、
線画まではアナログで描き、それをスキャナでパソコンに取り込んでから、
彩色なりトーン貼りなりをする、という手順で描くことが多かったのです。

ちなみに、これでも色々なソフトを持って使ってきています。
SAI、フォトショップ、ペインター、
あとCLIP STUDIOの旧版のCOMIC STUDIOも使っていました。
それでも、私の理想に近い線を表現することはできなかったので、
デジタルでは無理なんだな・・・と完全に諦めていたんです。


ところが・・・。

このCLIP STUDIOを使ってびっくり。

あくまで自分目線にはなりますが、
自分的に満足できるレベルの、アナログに近い線表現ができるのですね・・・。

「このソフト神だな・・・」
と思いました・・・。

それに、私はまだいじり始めたばかりですが、
カラーイラストの彩色も、水彩ブラシや油彩ブラシなどもすごく使いやすくできていて、
漫画機能だけでなく、カラーイラストも網羅していてすごいですね。

絵を描く方達の間でよく話題になっている理由がよく分かりました。



元からソフトに入っているペンやブラシのままでも充分使えるのですが、
他にもオリジナルのペンやブラシを、ソフトを愛用する方達が無料で多く提供してくれています。
ありがたい・・・。


それで、私が感動したアナログっぽい線画用のペンは、
『ガサ伽サ線画ペン』という無料で配布されているペンです。

参考までに幾つかこのペンで線画を描いたイラスト・漫画を貼っておきますね。
デジタルで描いているのに、ガサガサ感が絶妙で、丸ペンで描いているような描き心地です。
自分的には、もうこのペンで描けば、アナログ丸ペンで描く必要が無いという位の優れものでした。

旅団ゴン 盗んだ林檎
殺人練習クロロ
雪のクロゴン
早くココまでおいで


また、こちらも無料でダウンロードさせて貰ったペンですが、
鉛筆でカリカリと線画を描いている感触で、これも気に入っています。
『カリカリメカニカル / dp-MechPencil』

このペンで線画を描いたイラストも貼っておきますね。

幸せなクラゴン


こんな感じで、無料配布のペンがレベル高くてすごかったです。


配布されているペンや素材は、CLIP STUDIOを開いて『素材を探す』という所から
検索して探すことができます。
色々な素材が配布されているので、見ているだけでかなり楽しいです。


まだまだこのソフトの可能性を知り尽くしてはないのですが、
これからもこのCLIP STUDIO、研究して使い倒していきたいですね。

参考になれれば幸いです^^*

『痛み』イラストメイキング

『痛み』イラストメイキング

こんにちは^^
今日は先日描いた『痛み』というお題イラストのメイキングを載せてみます。
覚え書きとしてプチメイキング的な感じで……。
せっかく持っているPainterXが宝の持ち腐れにならないように、
ちょっとずつでも使い慣れていけたらいいなあ。
参考になるか分からないですが、何か役に立てたら嬉しいです。


①百均の落書き帳に鉛筆で描いて丸ペンでペン入れをしたものを、
スキャナーでパソコンに取り込み、フォトショップのレベル補正で綺麗にしたところです。
痛み01
②PainterXにて、線画で間違えてたりで重ね描きしている余計な線などを消して、
用紙テクスチャを荒目チャコールペーパー(確か…)に設定し、
乗算レイヤーを上に一枚作り、チョークブラシの角チョークで適当に塗り潰しました。
痛み02
③先ほどの乗算レイヤーに、同じく角チョークで
肌や水着や髪の毛のベースカラーを手塗りでべた塗り。
痛み03
④同じレイヤーに同じく角チョークで、
影とか赤みとかを書き足しました。
痛み04
⑤はみ出した部分を、同レイヤー上・角チョークで
多少汚くなっても上から塗り潰すようにして目立たなくして、
最後に良い具合の構図になるようにカットして完成です。
痛み05

今回の絵は角チョークブラシのみを使って塗ってみました。
ペインターはデジタルだけどアナログっぽい絵になるところがとても楽しいです。
ブラシの数とか機能がありすぎて全然使いこなせないけど…^^;
でも可能性があって夢が広がりますね。

それでは、また!

イラストレーターになる方法

久しぶりの更新です。
暑い日々が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は、室温が33℃になると頭が痛くなって熱中症になるということに去年気づいて、
早めに保冷アイテムとかクーラーで調整するようにしています。
皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけください!

Twittarを覗いていると、「イラストレーターになりたい」とか、
「イラストレーターになるのが夢」と書かれている方を時々見かけます。
私は、数年前からイラストレーターとしてイラストの仕事をさせて貰っていて、
一応イラストレーターという立場にいるので、なり方を知らない方に向けて、
プロのイラストレーターになる方法について書いてみたいと思います。

さて、プロのイラストレーターとは、具体的には何を指すのでしょうか?
答えは単純で、イラストを描いてお金を貰う、ということです。
イラストを仕事にするということですね。
このことは、難しいと考えてしまいがちなのですが、
実は案外簡単なことだったりします。

世の中には、自分は絵を描けないから、代わりに絵を描いて欲しい、
という人が結構沢山います。
お金をいくらか払ってでもお願いしたい、という人です。
個人レベルでもあるし、企業や団体の場合もあります。
例えば、小説を書いて本を出したいんだけどそれに挿絵を入れたい、とか、
会社のパンフレットにイラストを入れたい、とか、
今度開催するイベントでTシャツを作りたいがそのイラストが欲しい、……などなど。
そういった望みを抱えている人が、沢山いるのです。

そこで、彼らはどうするのかというと、
インターネット上には、そういった要望を持つ人たちと、
イラストが描ける人たち(イラストレーター)を繋げてくれる、
仲介サイトのようなものがあり、そこで自分の望んでいるイラストレーターを探して、
イラストを描いて貰うのです。
イラストレーター側はそこで仕事を貰い、イラストを描いて、納品後お金を貰います。

そういった仲介サイトは、探せばいくつもあるかと思いますので、
興味があれば色々探してみるのもいいかと思いますが、
今回は分かりやすくシンプルにということで、おすすめのサイトを一つ紹介します。
ちなみに私もここで仕事をさせて貰っています。

Skillots(スキロッツ)「頼みたい」と「頼まれたい」をつなぐソーシャルサービス

私は漫画やコミック調のイラストを得意としているのですが、
たぶんこのブログを読んで下さっている方は、そういう方が多いんじゃないかと思います。
このスキロッツは漫画やコミック調のイラストの仕事が比較的多いので、
その点でおすすめです。

こちらにクリエイターとして登録をしておくと、
仕事を受注できるようになり、イラストレーターとしてデビューができます。
でも、登録しておくだけではなかなか仕事の相談が来ないので、
募集している案件をこまめに見て、やりたい仕事に積極的に応募するのが良いです。
仕事を募集しているお客さんは、
応募してくれたクリエイターの見積もりや作品例などを参考にして、
ニーズにぴったりなクリエイターを選び、仕事を依頼します。

Skillots/漫画やイラストの募集中案件


もしかしたら、こう思う人がいるかもしれません。
「自分はまだまだ技術が足りないから仕事にするのは早いかな……」
その気持ちはよく分かります。
私も前はそう思っていました……。
でも、ある時ふと思いました。
「技術を充分習得した」と思うときは、果たして来るのだろうか? と。
否。
イラストレーター、漫画家、その他クリエイターにとって、
きっとそう思うことはおそらく一生涯無いのだと思います。
私たちは一生涯、決して満足すること無く、その技を磨き続けるのだと思います。
それがクリエイターというものではないでしょうか。

それでも不安があるなら、こちらも参考までに見てみると良いかもしれません。

Skillots/最近完了した案件

上記をご覧頂けば分かるように、ある程度の技術があれば、
プロとして仕事を受注することが可能です。
上記を見た上でもやっぱりまだ自分の技術が足りないと感じる場合は、
もう少しスキルを上げるのに専念しても良いでしょう。
でもせっかくだから自分の作品例も載せて、クリエイターとして登録しておけば、
もしかしたら自分の画風を気に入ってくれる人が声をかけてくれるかもしれませんので、
とりあえず登録だけでもしておくのはおすすめです。

ただ実績を積まないとランキング下位のままで、お客さんの目になかなか入ってこないので、
相談が来なくても自信をなくさなくて大丈夫です。
私も募集案件に応募してない時は、常連さん以外はほぼ声がかかることはありませんので(笑)

クリエイターとして登録したら、
ぜひガンガン見積もり募集案件に見積もり応募してみてください。
そして初めてのイラストの仕事を受注することができ、納品し、お金が支払われたら、
あなたはもうプロのイラストレーターになったということです。

あとはもうたくさん仕事を受けて、
イラストレーターとしてどんどん実績を積んでいってください。
仕事をすればするほど、自分の描けるものの幅も広がって、
どんどんできそうな仕事も増えていくと思います。
ゲームイラストとか、トレーディングカードのイラスト、キャラクターデザインなど、
様々な案件が日々入ってきますので、できそうな仕事は勇気を出して
どんどん挑戦していってみてください。

自信がまだ無ければ、値段を格安にするという手もあります。
最初は安めの値段で見積もり応募してみて、自分の実績・スキルを磨いていくといいと思います。


いかがでしたでしょうか?
プロのイラストレーターになるのは意外と簡単だということがお分かり頂けたかと思います。
絵は皆さん日々練習されているかと思うので、あとは行動力と勇気、です。

大変なのはプロデビューしてから。
色々な仕事をしていくにつれて、色々な壁が出てくるので、
都度問題を解決していくことになると思います。
でもその壁を乗り越えていくたびに、あなたは立派なイラストレーターとなっていくのです。
なのでぜひ早めにデビューして、プロとして少しずつ実績を積んでいってください!
夢を目指すみなさんを、影ながら応援しております。


もし何か質問などがあればお気軽にコメントください^^

色の置き換え

色の置き換え

今日、とある地元の私鉄に乗っていて、
座席のシートのテントウムシのような水玉模様を
なんとなく見ていたら、ふとあることに気づきました。

テントウムシの代表(?)、ナナホシテントウの模様は、
赤と黒の2色の水玉模様ですが、
その座席のシートは、赤と青の2色の水玉模様でした。

だからどうしたという感じですが……(笑)

赤と青の水玉模様は、赤と黒の組み合わせよりも、
新しいような、モダンな印象を感じました。

そこで、カラーイラストなどで、
普段黒にする箇所を、青にしてみたら
どうなんだろうか?
と思い、ラフですが早速実験してみました。

実験イラスト
左右2つはほぼ同じ絵ですが、
左の絵の黒の部分を、右では青に置き換えています。

左のほうは普通の黒ベースですが、
ちょっと野暮ったくありませんか?
右は、黒を青にしただけですが、
野暮ったい感じがかなり無くなっているように
感じませんか?

色って不思議なもので、
他は何も変えてないのに、
黒を青に置き換えるだけで、
こんなに印象が違ってしまうものなのですね。

今回は「黒→青」でしたが、
「黒→赤」など他の色で試してみるのも、
また印象が違ってきそうで、面白そうです。

私もわりと絵柄が古くなりがちなのですが、
もしあなたのイラストが「ちょっと野暮ったいんだよな…」という時には、
この方法を試してみたら簡単に印象を変えられるかもしれません。


少しでも参考になれれば幸いです。

それではまた!

透明水彩

こんばんは^^
今日はなんとなく充実した一日でした。
外には一歩も出ませんでしたが……^^;

実はずっと気になっていた透明水彩を今日は試してみたのですが、
自分的にはすごく衝撃的でした。
何が衝撃だったのかというと、なんだか上手く言葉では表せませんが、
こう…ビビッとくるものがありました。

透明水彩できる人すごいなあと憧れてたんですよね。
水彩できる人って、デジタル絵でもなにか塗り方のコツを知っているというか、
一線を越えていたんですよね。
だからすごく憧れてたんです。
自分はできないからと同時にコンプレックスも持っていました^^;

でも今日挑戦してみたら……!
まだまだ初心者ですけど、なんだか自分にすごく合っているような気がしました。
何よりもすごく楽しかった……!
あとほとんど何のストレスもなく、早いスピードで頭の中のイメージを出せるのがいいですね。

まあ水張りをしてないからっていうのもありますが;
水彩やりたいけど水張りはちょっとやだなと思っていてやってなかったんですが、
水張りしなくてもそれなりには描けたので嬉しかったです!

この方法なら、下書きから完成まで一時間ほどでできちゃうのが、すごくいい。
スピードって人によっては大事なのかも。
感覚とか感情を閉じ込める、そんな感じで描きたいというのがありまして、
長い時間が経っちゃうとその時の気持ちを忘れちゃうから……^^;
思いついたらすぐに絵にしたい自分には、この方法が一番良いかもしれないなあと思った一日でした。

なんだかまだ興奮さめやらずで、もしかしたらひどい日記になってたら申し訳ありません;
明日で三連休も終わりですね。
明日はどんな一日になるかなあ。
皆さまも良い休日をお過ごしくださいね(^o^)
それではまた明日お会いしましょう!

今日描いた水彩絵はこんな2枚でした^^
掌くらいのちっちゃいスケッチブックに描いてます。
CYWpiftUkAAV8Xl.jpgCYXL3yQU0AAxLH3.jpg