同じ分野の作品分析『星を継ぐもの』と結論

こんばんは^^
先日、自分の描く漫画の分野を決めたのですが、
生物進化の話って、とある生物がものすごく進化して・・・・みたいな、同じようなアイディアばかりになってしまって、
どのように話を考えていったらいいのか分からないという問題が自分の中であり、
同じ分野の既存の作品では、どんなものがあるのかを分析しているところです。
今日は、以前読んだ『星を継ぐもの』という小説を分析してみようかと思います。
これも、結構内容が難しくて一度挫折したのですが、また読み直したところハマって、
かなり自分好みのテーマだったので、すごく好きな作品になりました。
で、昨日まであらすじを自分で書いていたんですが、なんだか伝えきれてない感がものすごくしたので、
Wikipediaさんから引用することにしましたm(_ _)m
『星を継ぐもの』あらすじ (※Wikipediaより引用)
月面で真紅の宇宙服を着た人間の遺骸が発見された。この人物は何者なのか?

各国の組織に照会するも該当する行方不明者は居なかった。のみならずC14法による遺骸の年代測定では5万年前の結果が得られ、チャーリーと名付けられたこの人物の出自は全く謎であった。

その正体を探るために、物質を透過撮影できるトライマグニスコープが手配されると共に、その開発者であるヴィクター・ハントにも調査への参加が要請された。スコープを駆使して少しずつ齎された情報と数少ない所持品を元にあらゆる分野の学問を総動員した分析が始まった。だが、その指し示す事象は矛盾だらけだった。

所持品の中に現代技術を駆使しても造る事の出来ない超小型の原子力パワーパックが見つかり、使用されていた放射性物質の崩壊からも5万年前という値が裏付けられた。だが、こんな高度な技術が地球に存在した痕跡は無い。これに対し生物学者のクリス・ダンチェッカーは「彼」が間違いなくヒトであると断言し出身地は地球であると主張する。一方で、手帳と思われるものを透過撮影して浮かび上がった記号の解読は言語学者の協力を得ても困難を極めた。もしそれが文字なら内容は何を示しているのか。そして、カレンダーらしきものも見出されたが、現在の地球とは相容れない暦法から成り立っていた。携帯食料と思われるものの素材は水棲生物の様だが、その肉体構造は地球生物のものと根本的に異なり、とても地球産とは思われなかった。相矛盾する事象を整理し、数々の仮説が立てられ、謎が少しずつ解き明かされていくかに見えつつも、別の事実がその仮説を否定する。その繰り返しがいつまでも続き結論に行き着く見込みは立たなかった。果たして、チャーリーは一体何者なのか、どこから来たのか、何故、ここに居たのか、そしてどこに行こうとしていたのか?

さらに木星の衛星ガニメデを訪れた探検隊が発見した驚異の物体が混迷の度を増した。直接現地に赴いてこれを目の当たりにしたハントやダンチェッカーらは更に深まる謎に悩まされるが、やがて、人類の生い立ち、そして、かつての太陽系の姿につき、一つのストーリーが形作られていく。

このお話は、一言で言うと、「月で発見された謎の遺体の正体を探っていく」という作りになっています。

こう改めて見ると、すごい作りですね。

謎解きのみで魅せているので、多少動きがないという面もありますが、こういうのはかなり好きです。

うーむなるほど・・・・・・

先日から3つの作品を分析してみましたが、同じ分野でも色々な切り口があることがわかりました。

今回の『星を継ぐもの』は、推理ものの物語だと言えました。

また、ある生物が高度に進化して強大な人間の敵となって戦う、という話は、バトルものと言えるでしょう。

『恐竜惑星』は戦争ものかな?

昨日の『トリノホシ』は、生き残るために鳥たちの知恵を借りていたので、サバイバルものと言えるんじゃないでしょうか。

と、いうことは・・・・

私が目指すことにした分野 『生物進化SF漫画(テーマ『自由』)』 という分野は、

どんなストーリーパターンにも適用できるということですね。

結論としては、少し難しいかもしれないけど、どんなパターンにもできるから、頑張って考えよう!

っていうことですね(笑)

一応、これで問題解決です!

既存の作品分析は、勉強になりますね。

もし同じ悩みに突き当たった場合には、ぜひ試してみてください。

少しでも解決の糸口になれれば嬉しく思います。

それでは今日はこの辺で。

また明日もお楽しみに(^^)/

もし、こんなのやってほしい! とか、何かあればお気軽にコメント・ご要望お待ちしています!

『トリノホシ』分析

こんばんは!
今日は早めの更新を心がけてみました。
さてさて、昨日は大好きな『恐竜惑星』の分析(?)をしました。
今日はもう一つ、大好きな『トリノホシ』というPS2ゲームのストーリーを分析してみることにします。
この『トリノホシ』も、本当に素晴らしくて、いいゲームなのでオススメです!
もし機会があればプレイしてみてくれたら嬉しいです^^
『トリノホシ』のストーリーは、このような感じになっています。
※ネタバレ注意! 結末は書きませんが気になる方は読み飛ばしてください。
父に誘われ、辺境のとある惑星の調査に同行したヒューゴーという少年。
しかし思わぬ事故で、宇宙船が墜落する事態になり、
避難ポッドに乗せられたヒューゴーだけが助かり、ひとり惑星に着陸し、取り残された彼は絶望する。
父が熱心に研究していたその惑星は、陸が少なく海がほとんどを占めている。
そのせいか、鳥が進化し、鳥たちの惑星となっていた。
一人残されたニューゴーだったが、彼のもとには、サポートAI、カールがついていた。
カールが言うには、着陸した場所からちょうど惑星の反対側くらいのところに、調査基地があり、
救援は難しいが、そこまでなんとか行くことができれば、地球に帰ることができるという。
しかし調査基地までの道は遠く、難しい。
でももしかしたら、ここの渡り鳥たちの力を借りれば、たどり着けるかも知れないというカールの知恵で、
ヒューゴーは父が使っていたグライダーを使い、鳥たちを観察しながら、調査基地への旅に出ることにする……。
『トリノホシ』は、
「渡り鳥たちを観察して、習性などを学びながら、自分が生き残るすべを探す」
という作り、と言えるでしょうか。
こちらは、ありがちな進化した強大な敵と戦うのではなく、すごく自然で斬新なアイディアですよね。
私はこれがとてもとても好きです。
できれば私もこんなふうな作りを目指していきたいですね。
この分析は、とても有意義でためになりますね・・・・・。
もしかしたら研究課題としてはピンポイント過ぎるので興味のない方も多いかも知れないのですが・・・・
しばし参考までにお付き合い頂けましたら幸いですm(_ _)m
それでは、今日はこの辺で。
また明日お会いしましょう(^^)/

『恐竜惑星』分析

おはようございます!
朝になってしまいました。遅くなりすみません(>人<;)
先日、自分の描いていく漫画の分野を決めたところで、
大きな問題点があるため、それを解決していこうと思います。
問題点は、生物進化のSFを前々から描きたいとは思っていたのですが、
同じ系統の好きな作品と似通ったアイディアになってしまって、
違ったものを描きたいと思っても、どんなものを描いたらいいのか、
分からないというものです……。
この分野でよくあるパターンは、
ある生物が文明を持つほどにものすごく進化して、
人間の強大な敵となり、彼らと戦うというパターンです。
でもこのパターンは既存で結構やり尽くされているので、
できればこれ以外のパターンを色々と書いていきたいという気持ちがあります。
でも今の私のキャパでは思いつかないので、
勉強をする必要があります。
というわけで、既存の私の大好きな作品がいくつかあるので、
まずはそれらを分析していきたいと思います。
まずは、この分野で一番好きなものから。
20年くらい前のNHKアニメ作品なのですが、
『恐竜惑星』というとても素晴らしいアニメです。
※ネタバレ注意です!
  結末は書きませんが気になる方は読み飛ばしてください。
これは、人間が開発したバーチャル世界で繰り広げられる話で、
このシステムで、コンピュータ上に再現された恐竜がいた時代に、
実際に入り込んで実体験ができるようになったのでした。
まだ一部の人間しかできないようですが、主人公の萌は、
仲間のサポートで恐竜時代を体験しに行きます。
しかしそこで、謎の生き物に出会い、彼らは人間以上の高度な科学力を持ち、
文明を持っていたのでした。
そして彼らに出会う前に、小さな赤ちゃん恐竜と仲良くなるのですが、その恐竜も、
データには無い謎の恐竜だったのです。
萌はその恐竜のお母さんを探すことにするのですが、
謎の生き物はなぜかこちらを襲ってくるし、
恐竜時代に存在するはずのない彼らがなぜ生まれてしまったのか、
言いようのない不安が募ります。
冒険しているうちに色々なことが分かってきて、
謎の生き物たちは恐竜が進化した恐竜人類だということが分かりました。
また彼らは戦争をしていて、対するのは草食恐竜の恐竜人類。
そして萌が出会った小さな恐竜は、その草食の恐竜人類の祖先だったのでした。
時空の歪みで帰れなくなった萌は戦争に巻き込まれて、
だけどなぜ殺し合いをしなくてはいけないのかと悩むのでした……。
と、このようなストーリーになっています。
NHKアニメ最高ですね……(笑)
これは、高度に進化した二種類の恐竜たちが戦争をしていて、
戦争の意義を問うという作りになっていますね。
………。
うーむ、でも分析しようと思うけど、
どのように分析したらいいのか分からない……^^;
頭が悪くてすみません…(笑)
とりあえず今回はここまでで、
また次回引き続き研究進めます!
それではまた夜くらいにお会いしましょう( ^ ^ )/

描く分野決めました。

こんばんは^^
日が変わってから書くのが、だんだん常習犯となってきましたm(_ _)m
さて、昨日は 『分野を定める』 ことが、
今の私に最重要だということを書きました。
それで、昨日候補にあげたいくつかのものから、
今日は考えて一つに絞りました。
<候補>
・生物進化のSF漫画
・癒し(ヒーリング効果)をテーマとする漫画
・子供の自由をテーマとする漫画
・自由をテーマとする漫画
・TRPGのように行き当たりばったりで作る漫画
昨日のこれ ↑ を・・・
<決定>
■生物進化SF漫画(テーマ『自由』)
↑ こうしました!
色々と欲張ってる感がありますが・・・(笑)
これだったらおそらく一貫性のある漫画が描けるかと思います。
これは私が本当に描きたいものになっていて、
もうこの文字列を見ただけで、興奮が訪れるくらいです(笑)
かなり組み合わせて絞っているので、同じ分野を描こうとしている人は、
日本中で一人くらいの確率じゃないでしょうか。
これを読んでいるあなたは、おそらく私とは全く違う分野になるかと思います。
好みややりたいことは十人十色ですからね。
まだ描きたいものがよくわからない場合も多いかも知れませんが、
描く分野を絞ることはかなり強力な武器になるので、ぜひやってみてください。
あ、もしかしたら伝えきれていなかったかもしれないですが、
これから描くひとつの漫画の分野ではなくて、
自分がどんな漫画家になるか? という、自分の描く漫画すべてにおいての一貫した分野のことです。
そして、これを決めると、足りないものや必要なものが明らかになってきました。
そのあたりについては、また明日以降書こうかと思います。
それでは今日はこのへんで。
また明日お会いしましょう(^^)/

分野を定める

こんばんは^^
先日言っていた件ですが、やってみました。
内容を詳しく教えられたらいいんですが、
多分公開してはいけないと思うので、教えられないのが残念なのですが・・・。
でもとあるやりかたで、
自分が漫画家を目指すために何が足りないか分析してみました。
すると、何がいけないのか、かなりハッキリしてきました。
まず一番とりいそぎ大事なのは、自分の表現する分野を定めることですね。
実は今まで、もう何年もの単位でなんとなくそれをずっと考えていたのですが、
考え方が足りなかった・・・というか、
もっとバシッと、これ!って決めたほうがよさそうです。
よく分かりにくいかも知れませんが、要するに、
自分が描きたい漫画の分野の確定ですね。
具体的にすると、私の場合候補の分野がいくつかありますのであげてみます。
ただぽや~っと考えてきたことなので、甘い状況ですが^^;
・生物進化のSF漫画
・癒し(ヒーリング効果)をテーマとする漫画
・子供の自由をテーマとする漫画
・自由をテーマとする漫画
・TRPGのように行き当たりばったりで作る漫画
私はこんな感じでしょうか。
自分が何を描きたいか? というものですね。
これ初めて文字にしたのですが、頭の中が丸見えになったようで、
なんだか恥ずかしい感じがありますね・・・(笑)
上の通り、自分の描いていきたいものについて、いくつか考えてたんですが、
ハッキリひとつにまだ定めていませんでした。
まずは、これをひとつに定める必要があるようなので、
今度はその作業をやってみることにします。
また明日以降に進捗をご報告します!
それでは、また明日お会いしましょう(^^)/

失敗の原因

こんばんは^^
今日もとても面白いことを知ったので、さっそく紹介します。
『失敗する人は、何も取り組まないか、取り組んだものの方向性が間違っている』
らしいです。
私の尊敬しているとある人の言葉です。
これを聞いて、本当にそうだなあ・・・! と妙に納得しました。
私は頑張ってはいるのですが、まだ漫画家志望で、漫画家になっていないので、
まあまあ失敗していると思います(笑)
でも取り組んではいるので、方向性が間違ってるっぽいですね。
言われてみればそうだなあとものすごく納得するので、当たっているでしょう。
これがわかったら、次は正しい方向に軌道修正する必要がありますが、
何がどう間違っているのかが、残念ながらよくわかりません・・・。
ただ、たぶんそのヒントになるんじゃないかなというものを見つけましたので、
それをもとに、これから考えていこうかと思っています。
ちょっとした状況報告になりますが、また進展したら報告しますね。
恐らくですが、数日中に解決するかな? とは思っています。
何事も、何が問題なのかを定めることが大切なのかもしれないですね。
何が問題なのかが分からなければどう解決すればいいのかも分からないですもんね^^;
それでは、今日は少し短めですが、
またお会いしましょう!
もし何か質問や疑問や、何でもいいのでコメントなど頂ければ、
一緒に私も考えさせていただきますので、お気軽にどうぞ!(^^)/

モチベーションを維持するには?

こんばんは^^
夜中の3時になってしまいました・・・(笑)
遅くなって申し訳ありません。
先日は雪も積もったし、めっきり寒くなりましたね。
漫画家志望をしていると、なかなか芽が出ず、
どうしても気持ちが落ち込み気味になってしまうことがありますよね。
晴れて漫画家デビューを果たしても、その後の連載に向けての道や、
連載ができても、しばらくしてそれが終わってしまった後のときも。
また私の大好きなとある漫画家さんは、何度も連載されていて、
一度アニメ化もしていましたが、漫画で家族を養っているため、
連載が終わりそうになっているときに、
次の連載をなんとか早くとらないと・・・と、焦っているのを見かけたことがあります。
漫画家で経済的に本当に安定するのは、相当のヒット作を出さないと難しいということを
あらわしていると思います。
この道は、正直かなり厳しいです。
それでも漫画家を目指すのは、やはり、自分の中に浮かんでくる素敵な想像の世界を、
みんなにも見せて楽しんでもらいたいという強い気持ちがあるからだと思います。
それでも、どうしても様々な困難が続いていると、
モチベーションが下がってしまうのが人間です。
モチベーションを保つのは、目標に向かっていくのに、
すごく大切なことです。
私はモチベーションの維持の仕方についての本も読んだことがありますが、
結局思うのは、小さな目標を作って、ひとつずつ確実にクリアしていくことが、
モチベーションの維持に繋がるのだと思います。
コツとしては、目標はできるだけ無理のないレベルで、
少しだけ頑張れば達成できる、小さな目標を設定することです。
高望みして無理な目標を立てると、それがクリアできず自分を責めることになり、
モチベーション低下の原因となりますので気を付けてください。
と、その前に、「目的」と「目標」の違いについて書いておかなければなりません。
あなたは「目的」と「目標」の違いを知っていますか?
私は以前会社で、ISO14001(環境改善システムの国際規格)というものののシステム作りの責任者をしていて、
そのときに学んだものなのですが、
「目的」と「目標」は、似ているようで違うものなのです。
「目的」というのは、自分が目指す最終的な状況のこと。
「目標」というのは、「目的」に向かって、段階的に立てていく小さな目印のようなものです。
例えば漫画家志望ならば、
「目的」・・・漫画家のデビュー
「目標」・・・①初作品を仕上げる ②初投稿をする ③雑誌の掲載を目指す ④連載をする などなど
こんな感じでしょうか。
上の「目標」はわりと大きめの区切りで書きましたが、
この大きな区切りだけでは、達成がなかなか難しいです。
なので、目標をもっと小さく作っていくのです。
①初作品を仕上げる ためには、細かくクリアしていく目標としては、
例えばですがざっとこんな感じでしょうか。
・ページ数を決める
・書きたい話のイメージを思いつく
・書きたいイメージが固まってきたら、紙にマッピング形式に書き出していく
・この漫画で伝えたいことを決めて、紙に大きく書いて机の目の前に貼る。
・伝えたいことを伝えるための、ストーリーの組み立てを考える
・ネームを書く(ネームは大変なのでもっと細かくしてもいいかも)
・原稿にコマ線を引く
・下書きをする(このへんももっと細かくしたほうがいいでしょう)
・ペン入れをする(これも同様)
・トーン貼り・仕上げをする
イメージは掴めたでしょうか?
上記の通り、目標はできるだけ無理がない小さなものにしたほうがいいです。
少しだけ頑張れば一日で達成できるくらいの小さな目標を、立てていくのがおすすめです。
こうしていかないと、もしかしたら挫折してしまうかもしれないので、
注意してくださいね。
下手すると漫画家を諦めるような事態になってしまうかもしれないので・・・。
小さな目標をひとつひとつクリアしていくたびに、
確かに進んでいることを実感でき、自分に自信がついていきます。
これを繰り返していくことが、モチベーション維持に繋がります。
あとは・・・ちょっと馬鹿になったほうがいいかも?
あれこれ考えて悩んでいると、進めるものも進めなくなったりするので・・・。
あとたぶん、頭がいい人は漫画家は目指さないんじゃないかと思います(笑)
このブログを読んで、何かヒントになればとても嬉しいです。
私もがんばります!
それではまた今夜お会いしましょう(^^)/

夢を実現させる方法

こんばんは^^
最近、少し悩み?みたいなものがありました。
「漫画家になりたい」
と、長年思っているのだけど、多分ただ漫画家になることだけが夢ではないんです。
漫画家になるために、素直にこの道を選んだらいいのにという場所で、
私は違う道を選んでしまうところがあったりします。
どうしてなんだろう。
どうしてそうしちゃうんだろう・・・と、自分の中できちんと分析ができてなかったので、
なんとなくもやっとしていました。
そんなときって、なぜか不思議と、
悩みを解決するようなピッタリした情報が舞い込んでくるものですね。
舞い込んできたのはこんなものでした。
「夢を実現するためには、できるだけ具体的に、自分の理想の一日を文章にして、
それを一枚の紙に書いて、財布の中に入れて常に持っておくといい」
私ははっとして、これはとても効果があるだろうと確信して、
早速やってみることにしました。
昨日その文章を書いて、今ノートに書き写して、たたんで財布に入れました。
具体的に夢が実現したあとの一日を描いてみると、
なんだか違いますね。
言葉では上手く言い表せないけど、絶対に実現できると、自信のようなものが湧いてくるというか。
何かが湧いてくる感じ。
私はただ漫画家になりたいんじゃなくて、こういう生活を夢見てるんだなと、
すごくよくわかりました。
モヤモヤは、こんな簡単なことで、きれいに解決です。
恥ずかしいけど例として一部ですが画像を載せておきます(笑)
image.jpg
ひとつひとつ、夢に向かうための問題を解決していけば、
絶対に夢は実現できるはず。
私は信じています。
これを読んでいる、夢を持っているあなたも、信じて一緒にがんばりましょう。
それでは、また明日!(^^)

伝えたいことを伝えるやり方

こんばんは^^
早速、やってみました。
image.jpeg
今取り組んでいる漫画ですが、この漫画の目的を紙に書いて、机の目の前の壁に貼ってみました。
(もしよければ先日の記事をご参照ください。
http://hanamine.seesaa.net/article/432491030.html)
他に何か書くかも知れない・・・と下にスペースを作っていますが、正直いらなかったなと思いましたが(笑)
ただ目的だけをでっかく書けばOKかと思います。
・・・で、やってみたところ、これ、ものすごい効果抜群です!!!
ちょっと始めのほうの数ページ、もうネームができていて原稿を書き始めていたんですが、
これを貼ったところ、色々な改善点とか変更点が見えてきました。
この目的に必要なもの、必要ではないもの、が明確になり、
目的を達成するためにはどのように構成したらいいか?
そういうことが、どんどん分かってきました。
なので、まだネームですが、一番始めにページを追加したりしてました。
これからも色々どんどん出てきそうな感じです。
今日これをやって気づきましたが、今までかなりふわっと描いていましたね・・・。
それじゃあ編集さんも、
「これは何を一番伝えたくて描いたんですか?」
ってなりますね・・・。
お恥ずかしい・・・・・・。
紙に書いて貼るだけなので、これ、ぜひ実践してみてください!
本当に効果抜群です。
ちゃんと伝えたい事を伝えられているのならいいのですが、そうでない場合はとてもオススメです。
書くことは下記だけ。
■この漫画の目的は何か?
(この漫画を読んだ結果、何かしら読者さんの心を変化させないと漫画の意味がないので、
読者さんをこの漫画でどこへ連れていくのか?)
これが漫画の目的となります。
これを指針にして描いていけば、伝えたい事がきっと伝えられるはず。
簡単なのでぜひ挑戦してみてください。
それでは、また明日お会いしましょう(^^)/

構造分解

こんばんは^^
最近、効果的な勉強のしかたを知りました。
構造分解。
これを行うと、すごく効果的なのだそうで、
漫画で言うとプロに早く近づけるのではないかと思います。
やりかたは、お手本にしたいものを、
どういう構造になっているか、部品ごとに分解することです。
そうすると、かなりのスピードで上達することができるらしいです。
他のことを勉強している時に習った方法ですが、
これは漫画にも応用できるものだと思います。
漫画だけでなく、何にでも応用できるかもしれないですね。
たぶんですが、いくつかこれをやると、面白くする構造のようなものが
理解できるのではないかと思います。
まだ実践してないので、あくまで予想ということで、
今はこれくらいのことしか伝えられないのですが、
実際にやってみて、またご報告しようかと思います。
今日はちょっと短めですが……
また、明日お会いしましょう!(^_^)