タグ: 漫画

1ページ漫画の描き方

1ページ漫画の描き方

「漫画を描いてみたいけど、描き方が分からない・・・」

と思っている方って、もしかしたら結構沢山いらっしゃるのではないでしょうか。


最近私は、上の画像のような1ページだけの漫画を描いて
TwitterでUPすることが多いのですが、
1ページ漫画、とても良いです。

何が良いかって、思いついたちょっとしたシーンをすぐに形にすることができるし、
気張らずに気楽に描いて、短時間で完成させられるからです。
長い漫画は、完成させるのに物凄い気力と労力が必要なので・・・。

なので今回は、その1ページ漫画の制作手順を今回は公開してみようと思います。
あくまで自分流の手順ですが、何か手掛かりになれたらいいなあと思います。


CLIP STUDIOは、イラストだけでなく漫画の機能が充実しているので、
漫画を簡単に描くことができます。
というか本来漫画を描く専用のソフトなので、漫画を描かないと勿体ない!
1ページ漫画は気楽に挑戦できるので、是非参考にして貰えたらと思います。

ちなみにここでは ”手順” だけなので、CLIP STUDIOでの枠線の引き方や、
詳細なソフトの使い方などは、割愛しています。




<1ページ漫画の制作手順>


①セリフを入れる。

まずは、頭の中で描きたいシーンを思い浮かべます。
思い浮かんだら、CLIP STUDIOで1ページ原稿を作って、
文字ツールで、入れたいセリフを順番が分かるように適当な場所に打ちます。
※この画像は完成後に撮影したものなので、
すでにセリフの場所がコマ割りに合わせて移動されています。




②ラフを描く。

次に、下描きレイヤーを作り、コマ割りを含めラフイメージを描きます。
セリフの場所を動かしながら、描いていきます。



③枠線を描く。

枠線ツールを使い、ラフに合わせて枠線を描きます。
※この画像は完成後に撮影したものなので、
枠線の一部が消されていますが、本来この段階では消しません。



④吹き出しを描く。

吹き出し用に1枚レイヤーを作って、
セリフに合わせて、ペンで吹き出しを描きます。



⑤線画を描く。

ペンツールで線画を描きます。
私はラフから線画を描いてしまうことが多いですが、
もう1段階下描きをしたい場合は、
下描きレイヤーを増やし細かい下描きをしてから線画を描いてください。

画像のような感じで、修正しやすいように、
登場人物ごとや背景などでレイヤーを分けて描くと、気が楽です。



⑥線画を完成させる。

描き文字を入れたり、
枠線レイヤーをラスタライズして絵と重なる部分を消したりして、
線画を完成させます。



⑥スクリーントーンを貼る。

スクリーントーンツールでスクリーントーンを貼って完成です。




・・・このように、1ページ漫画なら、
わりと感覚的に短い時間で漫画として形にすることができるので、
漫画を描いたことの無い方も、是非気軽に挑戦してみて欲しいと思います^^

CLIP STUDIOのお陰で、かなり漫画制作が身近なものになってきて嬉しいですね。

アナログ線が表現できる『CLIP STUDIO』

アナログ線が表現できる『CLIP STUDIO』

最近よく聞く『CLIP STUDIO』。
少し前に買ってちょこちょこ使っているのですが、かなり面白いです。

CLIP STUDIOとは、漫画やイラストを描くことができるペイントソフトです。
パソコン用のソフトでしたが、iPad用も出たそうで、巷で盛り上がっているソフトです。


CLIP STUDIOで、特に何が面白いかと言うと、
アナログにかなり近い線を表現できる所です。


私は長年絵や漫画を描いていて、
ずっと線画は、漫画用の付けペンにインクを付けて描いていました。
紙のざらざら感、付けペンとインクのランダム性・・・。
特に丸ペンがお気に入りで使っていて、それが表現する線が大好きなのです。
そういう気持ちがあって、線にはかなりのこだわりがありました。

なので、何年か前に作業の大半をデジタル化したものの、
デジタルでの理想の線の表現が不可能だったため、
線画まではアナログで描き、それをスキャナでパソコンに取り込んでから、
彩色なりトーン貼りなりをする、という手順で描くことが多かったのです。

ちなみに、これでも色々なソフトを持って使ってきています。
SAI、フォトショップ、ペインター、
あとCLIP STUDIOの旧版のCOMIC STUDIOも使っていました。
それでも、私の理想に近い線を表現することはできなかったので、
デジタルでは無理なんだな・・・と完全に諦めていたんです。


ところが・・・。

このCLIP STUDIOを使ってびっくり。

あくまで自分目線にはなりますが、
自分的に満足できるレベルの、アナログに近い線表現ができるのですね・・・。

「このソフト神だな・・・」
と思いました・・・。

それに、私はまだいじり始めたばかりですが、
カラーイラストの彩色も、水彩ブラシや油彩ブラシなどもすごく使いやすくできていて、
漫画機能だけでなく、カラーイラストも網羅していてすごいですね。

絵を描く方達の間でよく話題になっている理由がよく分かりました。



元からソフトに入っているペンやブラシのままでも充分使えるのですが、
他にもオリジナルのペンやブラシを、ソフトを愛用する方達が無料で多く提供してくれています。
ありがたい・・・。


それで、私が感動したアナログっぽい線画用のペンは、
『ガサ伽サ線画ペン』という無料で配布されているペンです。

参考までに幾つかこのペンで線画を描いたイラスト・漫画を貼っておきますね。
デジタルで描いているのに、ガサガサ感が絶妙で、丸ペンで描いているような描き心地です。
自分的には、もうこのペンで描けば、アナログ丸ペンで描く必要が無いという位の優れものでした。

旅団ゴン 盗んだ林檎
殺人練習クロロ
雪のクロゴン
早くココまでおいで


また、こちらも無料でダウンロードさせて貰ったペンですが、
鉛筆でカリカリと線画を描いている感触で、これも気に入っています。
『カリカリメカニカル / dp-MechPencil』

このペンで線画を描いたイラストも貼っておきますね。

幸せなクラゴン


こんな感じで、無料配布のペンがレベル高くてすごかったです。


配布されているペンや素材は、CLIP STUDIOを開いて『素材を探す』という所から
検索して探すことができます。
色々な素材が配布されているので、見ているだけでかなり楽しいです。


まだまだこのソフトの可能性を知り尽くしてはないのですが、
これからもこのCLIP STUDIO、研究して使い倒していきたいですね。

参考になれれば幸いです^^*

『ネムリ島の子どもたち』001

島の子供たち001.JPG
(プロローグ)

子どもたちだけが日々を暮らしている、小さな島。
なぜか大人はひとりもおらず、子どもたちは、歳を重ねない。
最近ここにやってきた荘太は、ふとそのことを不思議に思ったが、
誰もそのわけを知らなかった。

構造分解

こんばんは^^
最近、効果的な勉強のしかたを知りました。
構造分解。
これを行うと、すごく効果的なのだそうで、
漫画で言うとプロに早く近づけるのではないかと思います。
やりかたは、お手本にしたいものを、
どういう構造になっているか、部品ごとに分解することです。
そうすると、かなりのスピードで上達することができるらしいです。
他のことを勉強している時に習った方法ですが、
これは漫画にも応用できるものだと思います。
漫画だけでなく、何にでも応用できるかもしれないですね。
たぶんですが、いくつかこれをやると、面白くする構造のようなものが
理解できるのではないかと思います。
まだ実践してないので、あくまで予想ということで、
今はこれくらいのことしか伝えられないのですが、
実際にやってみて、またご報告しようかと思います。
今日はちょっと短めですが……
また、明日お会いしましょう!(^_^)